ゴーヤチャンプルーは食べるほど好きになる

野菜炒めってイイよね

「ゴーヤチャンプルー」料理を食べてみる

本場は苦いのだ「ゴーヤチャンプルー」を作ってみました。自分で作ると意外と簡単でしたね。
簡単に作り方の説明をします。ゴーヤチャンプルーにポーク(スパム)を入れるのが沖縄流らしいゴーヤの上下を切り落として縦半分に切ります。ゴーヤの中の種と白いわたをスプーンで取り除きます。2~3mm幅に切っていきます。切ったら水につけておきましょう。豚肉を食べやすい大きさに切り、熱したフライパンに油を引いて程よく焼きまましょう。両面が焼けたら、ゴーヤを入れます。ゴーヤが半分煮えたら豆腐をサイコロぐらいに切りながら入れましょう。火を止めて、砂糖、酒を入れます。味噌を水気があるところで溶き入れます。味を見ながら、塩を投入。火をつけてゴーヤの苦みが取れていれば、卵を入れて少し混ぜて「ゴーヤチャンプルー」の完成です。でも、本場の味はモット苦かったので調整しながら作ってください。

「野菜炒め」の作り方を教えましょう

野菜炒めが一番

お肉を入れてもおいしい「野菜炒め」を簡単に作りましょう。
意外とかんたんで、野菜を切って鍋に入れて、調味料を入れて、炒めるとだいたい「野菜炒め」ができてる感じです。簡単にレシピを書きますね。
まずは、ニンニクをスライスしましょう。ニンジンを短冊切り。玉ネギはスライスしてピーマン、チンゲンサイは食べやすい大きさに切りましょう。フライパンをあたためて、油大さじ1を入れてニンニクを炒める。香りが出て来たら、ニンジン、玉ネギを入れて炒める。次にピーマン、チンゲンサイを入れてさっと炒めたら、お皿に出しましょう。空になったフライパンに油を大さじ1を入れて残りのニンニクを入れる。香りが出て来たら、お肉を入れて炒める。火が通ったら、お皿に出しておいた野菜をフライパンに戻す。
お好みで味を調えて、最後に焼き肉のタレを入れて軽く炒めたら出来上がりです。切って、炒めるだけの簡単「野菜炒め」です。お味はお好みで、お肉やウィンナー、スパム、豆腐などでバリエーションをつけましょう。